流行りの結婚指輪マル得NAVI

MENU
結婚指輪選びは失敗することも
MENU
金属アレルギー・主婦湿疹が出やすい人の指輪選び
MENU
下見をするなら来客予約を
MENU
末永く幸せな結婚生活と指輪
MENU
結婚指輪を買い替える提案
MENU
指輪交換で笑い話を作らないように

結婚指輪選びは失敗することも

流行りの結婚指輪マル得NAVIメインイメージ

多くの先輩が口をそろえて言う結婚指輪の失敗談、共通するのは日常生活上で困ることが多いデザインです。

結婚指輪選びは失敗することも

結婚指輪選びは慎重にと言いたいところですが、多くのカップルが指輪選びに失敗してしまって、ちょっと後悔しているポイントというのがあります。

婚約指輪と違い、結婚指輪は結婚している間はずっと身に付けているというのが前提です。

出勤の時も、家事をしている時も、育児中もずっとです。

失敗したと感じる多くはデザインに関するものです。

結婚指輪は毎日身に付けるものなので、その時は良いと思っても、後になって飽きやすいデザインや、普段の洋服に合わないデザインだと、ちょっとあわてて選びすぎたかなと思うこともあるようです。

ダイヤモンドがいっぱい入ってると豪華でカワイイけれど、毎日使うにはストッキングや髪の毛にひっかけてしまうということもあります。

いちいち指から外しているわけにもいかないだけに、ちょっと困りますね。

同じようにデザインの面では、買ったもののサイズ直しなどが難しいデザインだったとか、婚約指輪と重ねてつけることが難しい組み合わせだったとかいうこともあります。

結婚指輪は長く身に付けるものだけに、流行も変われば、年齢とともに好きなものも変わるし、体型も変われば指のサイズも変わってきますから、未来永劫にわたって似合う、お気に入りのリングを探すのは難しいかもしれません。

シンプルなかまぼこ型の結婚指輪は選びたくないという人も、どこかにシンプルさがあったほうが、機能面などからも良いというのが、結婚指輪なのかもしれません。

たくさんのリングを見て、どれを選ぶか少しわからなくなったら、結婚している先輩などに質問してみるのもいいかもしれません。

年代による向き不向き

結婚指輪はほとんどがシンプルなデザインです。

年齢による向き不向きはあるのでしょうか?

・結婚指輪のデザイン

結婚指輪のデザインはどこのブランドも、大体がシンプルです。

太さやリングに刻む模様やモチーフなど、多少こだわりを入れる事もできますが、多くの場合はシンプルなストレートのラインにまとめます。

結婚指輪を一生ものとして考え、人とは違うふたりだけのデザインにしたいという場合は、ジュエリー職人に依頼して、オーダーメイドで作る事ができます。

この場合もあまり派手にはせず、シンプルにします。

一生ものという事は長く使いますからシンプルで飽きのこないデザインが人気です。

・個性的なデザインの場合

若い時と年齢を重ねてからでは、好みが変わる事もあります。

結婚指輪に対する思いれやこだわりが強いあまり、個性的なデザインにする事もありますが、この場合、若い時は良くても、年齢を重ねた時アンバランスな印象になってしまうかもしれません。

人からどう見られても気にしないのなら、いいかもしれませんが、やはり年齢によって身に付けるものは向き不向きという事も考えておきましょう。

・まとめ

いろいろな意味がありますが、結婚指輪は長く使うものですから、飽きのこない長く使えるデザインがおすすめです。

専門店でも、セレクトショップでも、結婚指輪として扱う場合は大抵シンプルなデザインだから選びやすいと思います。

後は細部のこだわりとか、素材で選んで行きましょう。