キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 結婚指輪を買い替える提案 : 流行りの結婚指輪マル得NAVI

流行りの結婚指輪マル得NAVI

MENU
結婚指輪選びは失敗することも
MENU
金属アレルギー・主婦湿疹が出やすい人の指輪選び
MENU
下見をするなら来客予約を
MENU
末永く幸せな結婚生活と指輪
MENU
結婚指輪を買い替える提案
MENU
指輪交換で笑い話を作らないように

結婚指輪を買い替える提案

流行りの結婚指輪マル得NAVIメインイメージ

年齢にふさわしいリングを身につけさせてあげることができる幸せ、パートナーの結婚指輪を買い替えてあげるタイミングとは?

結婚指輪を買い替える提案

結婚指輪は一生に一度だけのものとはいえ、長い間身に付けていれば、傷が目立つようになったり、変色してしまったり、石が外れたり緩んだりと、修理やメンテナンスが必要になる場面も出てきます。

女性の場合、出産や子育てを経るとそれまでの指のサイズが大きくなったり小さくなったりと変化が出てきます。

20代の頃に流行したデザインは古く感じるようになったり、素材にももう少し高級感がないと、年齢にふさわしくないと感じることもあります。

ジュエリーのグレードは、年齢とともに上がっていくのが自然ですから、10年後、20年後になると違ったタイプのものに買い替えるカップルも出てきました。

ダイヤモンド婚などの記念日にダイヤ入りのリングを新調してあげることで、今までのパートナーへの感謝の気持ちをあらわすことにもなります。

結婚指輪を買い替えるのは、こうした記念日に行なうカップルが多いようです。

よりシンプルで高価格帯のリングを選ぶカップルが多く、若いころには買ってあげられなかったようなグレードの石付きのリングを選ぶという人も少なくありません。

時計などを例にとってみても、若いころに好きで愛用していた時計は、年齢が上になるとちぐはぐな子どもっぽい印象になって、どんなに丁寧に使ってきたとしても、そろそろ卒業かなと思うタイミングがあるものだと思います。

リングにも同様のことが起こります。

毎日身に付けているから気づきにくいという人もいますが、時計を買い替えるタイミングなどに、パートナーにリングの買い替えを提案してみるとどうでしょうか。

きっと喜ばれると思います。