キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 指輪交換で笑い話を作らないように : 流行りの結婚指輪マル得NAVI

流行りの結婚指輪マル得NAVI

MENU
結婚指輪選びは失敗することも
MENU
金属アレルギー・主婦湿疹が出やすい人の指輪選び
MENU
下見をするなら来客予約を
MENU
末永く幸せな結婚生活と指輪
MENU
結婚指輪を買い替える提案
MENU
指輪交換で笑い話を作らないように

指輪交換で笑い話を作らないように

流行りの結婚指輪マル得NAVIメインイメージ

結婚指輪を受け取ったら、自宅で指輪交換のリハーサルを!実際にやってみると、意外に難しいことがわかりますよ。

指輪交換で笑い話を作らないように

結婚式には指輪の交換という段取りがあります。

結婚指輪が結婚式には必ず必要になるといわれる理由ですね。

何も教会での結婚式に限らず、神前・仏式といった結婚式においても、指輪交換は必ず行われるようになっています。

いつから始まったしきたりなの?と疑問に思う人もいるでしょう。

結婚式の歴史と同時に始まっているものの、庶民にまで広まったのはごく近年からのことです。

とはいえ、交換の際に指輪がないというわけにもいかないし、指輪のサイズが合わずにうまく相手の指にはまらないという失敗もない方が良いわけですから、結婚指輪を手元に入手したら、早い段階で交換の練習などをしておくと、当日緊張せずにすみます。

実際にあった失敗談や成功談を見て、イメージトレーニングをしておくと当日余裕ができそうですね。

◇Pickupリンク>>指輪の交換での失敗・成功談

指輪の交換の前には、新郎新婦がお互い面と向かう形になり、新婦の手袋や花などを預かる役目の人が手早くそれらを取りに来ます。

リングピローに載せられた結婚指輪が運ばれて来たら、最初に新郎がリングを取り、新婦の左手・薬指に指輪をはめます。

次に新婦がリングを手に取って、新郎の左手・薬指にはめるという手順になっています。

こう聞くとごくごく単純な作業のように聞こえますが、当日は朝から緊張して本番に臨んでいますし、疲れが出てくる頃でもあります。

結婚指輪は指につまむと小さく、相手もやはり緊張しているとなると、意外にうまくいかないということになりかねません。

良くホームビデオなどで失敗したシーンが繰り返しおもしろおかしく流されたりしますが、自分たちの結婚式ですから、やはり後で笑い話にならないように、前もって実際にやってみて、失敗しそうな部分は自分なりに確認しておきたいところでしょう。